税理士のできること、できないことを知ろう

税理士のお仕事まる分かりサイト

おすすめリンク

税理士ってどんなお仕事?

税理士の仕事をひと言で表現すると「税金のプロフェッショナル」です。
税理士は、法律で定められた税の専門家であり、独占業務として税金に関する仕事を相談者の依頼に基いて行います。

例えば、親から相続を受けて、税金を納める必要がある時、税金の法律は複雑なので、正しい納税を行うためには専門家の助けが必要になります。
また、これから事業を立ち上げる方は、税務署に対して色々な届出書を作成しないといけないため、そうした書類の作成、提出の助けが必要になります。
これらは一例ですが、こうした様々な税やそれに付随する手続きに関してのお手伝いをするのが税理士です。

税理士は、税金に関するお助けマンですね。
単に、税金の相談にのるだけでなく、書類作成や、納税の手続き代行などその業務は多岐に渡ります。

ところで、士業には税理士以外にも弁護士や司法書士、行政書士、社労士などいろいろなお仕事、資格があります。
税理士と同様に、弁護士や司法書士なども相談者、依頼者の代理人としての代理業務を担っていますよね。

例えば、会計に関わる国家資格である公認会計士とは何が違うのでしょうか。
会社を立ち上げたり、個人で事業を始める方は、税理士と会計士それぞれの役割を理解し適切な業務委託をしたいと考えると思います。

この場合は、税理士は「業務独占資格」なので、税理士でなければできない業務があります。税理士は「税務業務」を行います。一方の公認会計士は、「監査業務」を行うという点で違いがあります。

さて、他の士業も含め、具体的に税理士と他の士業では何が違うのでしょうか?
税理士ができること、できないことはなんでしょうか?

税理士のお仕事を掘り下げながら、その辺を見ていきたいと思います。