税理士のお仕事まる分かりサイト

>

これでバッチリ!「税理士のできること、できないこと」

この記事をシェアする

税理士の仕事内容

税理士の仕事は、大きく3つあります。
一つ目は、税務手続の代理業務です。
具体的には、税務署などに提出する確定申告、青色申告の承認申請、税務署への不服申立、税務調査の立会いなどの代理を行います。

二つ目は、税務関連書類の作成・提出業務です。
これは、企業や個人顧客の代わりに、税務関連の書類を作成し、税務署などに提出することです。
具体的には、確定申告書、相続税申告書、青色申告承認申請書、不服申立書など様々な申告書類がありこれらを納税者に代わって作成、提出します。

三つ目は、税務に関する相談業務です。
税法を含めた税に関する様々な相談に応じ、税の専門家として企業や個人の顧客に適切なアドバイスや指導を行います。

税理士は、税務関連の法律に基づいて、税に関する代理業務や書類の作成・提出業務、そして相談業務といった大きく3つの役割を果たし、社会貢献しています。

他の士業との違い

税理士以外にも士業と呼ばれる仕事があります。
そこで、他の士業との違いについても触れておきたと思います。

ここでは、代表的な3つの士業について挙げてみます。

まず、社会保険労務士ですが、名前の通り社会保険の専門家です。主な業務は、企業における従業員の社会保険に関する諸手続の代行を行います。
ただ最近は、税理士が税務を行う上で、社会保険のことを考えておかないといけないケースがあるようです。

次に弁護士ですが、裁判での代理人の他にも、成年後見人などの法定代理人になったり、相続時の遺産分割協議のまとめ役など、幅広い役割があります。
税理士との関わりは、相続時に、遺産相続人を判断するまでが弁護士、その後の相続税の申告が税理士の仕事となります。

三つ目は、司法書士です。例えば、相続や売買で不動産を動かすと税金が発生・還付されます。加えて所有権登記が必要ですが、この登記代理できるのが司法書士です。